STUDY & PICNIC

チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」

01 02 03

「人に向けない演劇」というコンセプトを受け、人工知能のモデルを使って稽古中の様子やメモ、取材風景の写真を解析し、結果を表示する仕組みを作りました。モデルは約1000のオブジェクトを識別できますが、学習している内容には偏りがあり、結果も英語で返されます。それを英和辞書で日本語に変換しているので、日本語話者からするとおかしな答えになる場合がありますが、プログラムとしては正しく動いています。解析の精度を求めるのではなく、「偏りを持った人工知能」に鑑賞させることで、人間との認識の違いやズレを浮き彫りにする狙いがありました。

In response to the concept of a "non-human theatre," we created a system that uses an artificial intelligence model to analyze rehearsal scenes, notes, and photos of interviews and display the results. The model can identify about 1000 objects, but there is a bias in what is being learned and the results are also returned in English. It is converted to Japanese by the English-Japanese dictionary, so the answer may sound strange to a Japanese speaker, but it works correctly as a program. The aim was to highlight the differences and misalignments in perceptions with humans by allowing a "biased artificial intelligence" to appreciate it, rather than seeking accuracy in analysis.

http://keshigomu.online/